トップページ >>適性診断




適性診断でドライバーの心と体の安全チェック

自動車運送事業者は、事故惹起運転者、初任運転者、高齢運転者に対し、国土交通大臣が認定する適性診断を受診させなければいけません。また、運行管理者は、適性診断の結果に基づき、個々の運転者の運転特性を踏まえた適切な指導を行わなければいけません。
適性診断は、電算処理システムによりドライバーの性格、安全運転態度、認知・処理機能、視覚機能などを診断し、心理、生理の両面からドライバー個人のクセ、特性を把握し、安全運転に役立つ細やかなアドバイスを行います。
国土交通省令により、特定の運転者(初任運転者、高齢運転者、事故惹起運転者)に対して義務付けられている適性診断についても、国土交通省より認定を受け実施しています。


○各・受診予定日は、定員になり次第終了となります。
○受診種目により、開始時間が異なります。詳しくはお問合わせ下さい。
○受診予定日以外の開催についてはご相談下さい。



一般診断



普通免許以上を
お持ちの方 ※任意

・事業者又は、運行管理者がドライバー個々の運転特性を踏まえた適切な指導に役立ちます。年1回以上の受診をお勧めします。


初任診断



運送事業者において、
新たに運転者として採用された方 ※事業者義務

【貨物】
所属する貨物自動車運送事業者において初めてトラックに乗務する前
【旅客】
所属する旅客自動車運送事業者において事業用自動車の運転者として選任する前


適齢診断



65才以上のドライバーの方 ※事業者義務

【貨物】
65才に達した日以後1年以内に1回、その後3年以内ごとに1回

【旅客】
@65才に達した日以後1年以内に1回、その後75才に達するまでは3年以内ごとに1回
A75才に達した日以後1年以内に1回、その後1年以内ごとに1回
B個人タクシー事業者にあっては、当該事業の許可に付された期限の更新の日において65才以上である場合に、当該期限の更新の申請の前


特定診断T



@死者又は重傷者を生じた交通事故を引き起こし、かつ、当該事故前の1年間に交通事故を引き起こしたことがない方
A軽傷者を生じた交通事故を引き起こし、かつ、当該事 故前の3年間に交通事故を引き起こしたことがある方
※事業者義務

【貨物】【旅客】
当該交通事故を引き起こした後再度事業用自動車に乗務する前

※料金には消費税及び地方消費税が含まれています。

申込み方法

「お申込み方法」
本受診申込書をご記入の上 FAX にてご送信下さい。
FAX番号 0284-71-2484



受診のご案内

○受診時間の10分前までに当校受付までお越しください。
※開始時間に遅れますと受診できない場合がありますので、ご注意ください。

○お持ちいただくもの

  • 本受診票(申込受理印が押印されたもの)
    筆記用具
    運転免許証
    眼鏡等(必要な方のみ)
    受講料